というわけで、ラーメンZ@西船橋で「あんかけ焼きそば」を食べた

あ、さっそくまた西船橋のネタだ(汗)と思いつつエントリー。

西船橋駅を降りて、南口に出て…ちょことっと行ったところ(説明するのが面倒らしい)に、「ラーメンZ」という不思議な外観の中華料理屋さんがある。入り口の扉が外れかけてるだけではなく、ちょっと隙間が開いているという…ちょっと大丈夫かという感じではあるし、店内もなんとなーく古い感じが否めない。それに、店頭ののれんもちょうちんもちょっとくたびれている感じもあるんだけど、これが外観とはうってかわって、ラーメンZは結構うまい。

ラーメンZの外観

ラーメンZ名物は台湾ラーメン(炒めたにらとミンチともやしが入ったしょうゆラーメン)らしいのだが、あんまり食べたことがなくて、私はもっぱらちょっと変わったメニューをいくつか狙って食べてみている感じ。この前は、台湾ビーフンを食べたし、今回は「あんかけ焼きそば」を食べてみた。

ラーメンZのあんかけやきそば

このあんかけそばは、思ったよりもずっとあんがゆるくてかなりスープっぽい感じ。で、一方、麺は(シェフに聞いたわけじゃないんだけど)おそらくラーメン用の麺をゆでて、それを中華鍋で焼いたような印象だった。ただまぁ、なんとなーくもうちょっと具が入っててもいいかなぁという印象があったりなかったりしたけれど、、、ま、うまかった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です