船橋で落語

msn産経ニュースにこんな記事が出ていた。

落語文化の船橋定着を目指して昨年夏、東京都台東区から船橋市に転居した落語家、三遊亭円左衛門さん(50)らが5日、同市で「ふなっ子寄席」を開く。地域に根ざした笑いを追求した師匠、故・円楽さんの遺志を継いだ寄席。昨年1、6月に続く3回目だが、円左衛門さんが船橋市民となって初の地元高座登場だ。

三遊亭円左衛門さんは、5代目・三遊亭円楽さんのお弟子さんで、船橋に落語を広めるべく、台東区から船橋市に引越しを決めた落語家さんです。

船橋で落語というとありそうでなかったなぁと思いつつ、船橋で落語が楽しめるのはいいことですね。

今度、開催される「ふなっ子寄席」は、5日午後2時から。場所は船橋市本町のフェイスビル6階の市民文化創造館・きららホールだそうです。料金は2500円(前売り2千円)。小・中・高校生1千円。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です