下総中山の「4代目 松屋食堂」で限定の竹岡式ラーメンを食べた。

久々に、下総中山にある「4代目 松屋食堂」に行ってみたら、期間限定ラーメンとして竹岡式ラーメンが用意されていたので食べてみることにした。


さて、お昼時のJR下総中山駅に総武線で到着。改札を抜けて、北口から出てお店へ。

JR下総中山駅にやってきた

JR下総中山駅にやってきた

4代目松屋食堂の外観

4代目松屋食堂の外観

店先には看板。限定ラーメンとして竹岡式ラーメンを用意している旨が書かれていた。麺には「都一」(みやこいち)ってところの麺を使っているらしい。ちらっと、ネットで調べてみたら、千葉市若葉区に本社がある製麺会社で、富津あたりの竹岡式ラーメンの本場のお店でも「都一」の麺を使っているそうだ。で、竹岡式ラーメンの麺って乾麺なのか。それはなかなか珍しい。

4代目松屋食堂式竹岡らぁめんの看板

4代目松屋食堂式竹岡らぁめんの看板

お店の入り口の脇にある券売機で、限定の「竹岡式」のチケットと、肉増しチケット、さらにたまごかけご飯のチケットを買ってみた。

程なくして提供されたのが、この竹岡式ラーメン。うーむ。スープの色が黒いが、塩分が強いわけではなく、ただ醤油の風味が強いというか。多くのラーメンがそうであるように、いろんなダシが効いて渾然一体となっていて…というよりは、もっとシンプルな印象の味わい。表面には透明な油が張っていた。そして、このスープには胡椒がよくあう。胡椒はラーメンにありがちな挽いてあるものではなく、ミルで挽くもの。胡椒の風味がいい。

トッピングは、のり、メンマ、ほうれん草、チャーシュー(肉増しチケット)、メンマ、刻み玉ねぎ。

竹岡式ラーメン!

竹岡式ラーメン!

麺は細い乾麺。チキンラーメンの麺のような食感。スゴい勢いでスープを吸収するなぁ。だらだらしていたら、スープの水位が下がっていく。

濃い醤油の風味に、刻み玉ねぎがいいアクセントになっていた。

細麺。

細麺。

チャーシューは醤油風味の強いもの。ガツンと醤油。トロトロになっていた。おかずになるチャーシュー。

厚切りのチャーシュー

厚切りのチャーシュー

そして、ラーメンのお供にぴったりのたまごかけご飯。ご飯の上に乗っているのは鰹節ではなく…なにか白い節が乗っていた。それにたまごかけご飯専用の醤油をかけると、実にイイ感じ。

たまごかけご飯

たまごかけご飯

たまごかけご飯用の醤油

実に豊かなランチだった。うん。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください