船橋の「赤坂味一」でラーメンを食べた。

先日、友人からうまいラーメン屋があるということを聞いたので、船橋駅からてくてく歩いて「赤坂味一」まで出かけてきた。

船橋駅から14号線に出て、14号線沿いを歩く。そして、もうちょっとで船橋市役所というところに「赤坂味一」があった。店頭には、藍色の暖簾がかけてあって、シンプルに「赤坂味一」とだけ書いてあった。まぁ、「赤坂味一」の店構え自体は目立たないが、お昼時には行列してたりするのでわかるのではないかと思う。

赤坂味一@船橋ののれん

赤坂味一@船橋ののれん

一通り、行列で席が空くのを待てば着席することができる。店内はカウンターだけではなく、テーブルもあるけれど、だいたいのお客さんはひとりでやってくるか、2~3人で来てるので、テーブルで相席することになる。で、メニューはシンプル。まずは、「中華そば」。それにチャーシューを増量した「チャーシューメン」、そして、メンマを別皿で増量した(ラーメンに足してくれるのではないところが少し不思議だ)「メンマラーメン」。基本的にはこの3種類。で、それぞれの麺の量を増やすことができる。ただ、常連さんらしきお客さんが頼んでいたのは、「メンマチャーシュー」というメニュー。「メンマ」と「チャーシュー」というトッピングを組み合わせたものだろうけれど…一応、メニューには載っていない。

で、チャーシューメンを頼んで出てきたのが、このチャーシューメン。

赤坂味一@船橋のチャーシューメン

赤坂味一@船橋のチャーシューメン

ま、盛大にチャーシューが乗っているというわけではないけれど、チャーシューメンとしては適切な枚数かもしれない(ラーメンを食べているわけで、チャーシューを食べているわけではないので)。友人が言っていたように、赤坂味一のスープは煮干が利いたしょうゆラーメン。スープが澄んでいないのは、煮干などの影響なんだろうか。この煮干の風味がなんともいえず、うまい。あっさりはしているんだけど、ちゃんと(?)スープには油が浮いているし、「油抜き」でオーダーするお客さんもいる。単純な煮干だしだけではなく、船橋に数多あるラーメン屋を押しのけて、お客さんを吸い寄せる何かがあるんだろうなと思う。麺は太くはないけれど、ぷっつりと切れる食感が心地いい系の麺。煮干系のスープとの絡みも良好。

赤坂味一@船橋、うまかった。また再訪したい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です