「拉麺いさりび」のつけ麺が旨かった。

船橋駅のシャポーを抜けたところには、ラーメン横丁というラーメン屋が密集しているエリアがある。あの青葉を始めといて有名なラーメン屋が出店していることもあって、ラーメン横丁でラーメンを食べちゃえと思うのが世の常というものであるが、是非とも、そこは我慢してもらってラーメン横丁を抜けて「拉麺いさりび」をめざして欲しい。

「拉麺いさりび」はラーメンとつけ麺で勝負するお店。淡麗な醤油ラーメンは、ぷっつりとした食感の麺との相性が素晴らしく、いろんな要素を感じるものの、渾然一体としていて、ラーメンとして完成しているような気がする。

船橋の「 拉麺いさりび」のつけ麺スープ

船橋の「 拉麺いさりび」のつけ麺スープ

お店が広くないこともあって、厨房でどのようにラーメンが作られるのかをつぶさに観察できるのも個人的には気に入っているポイントの1つ。なんとなくだが、キレイな厨房で作られたものって気持ちよく食べられるような気がする。

船橋の「 拉麺いさりび」のつけ麺の麺

船橋の「 拉麺いさりび」のつけ麺の麺

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です