JR船橋駅の駅ビルが新しくなるらしい。

毎日新聞のサイトにこんな記事を発見。「ちば経済:駅の魅力アップ 船橋駅南口に新駅ビル--15年までに /千葉

上記の記事から引用すると、

JR東日本は、今冬から船橋駅の改良工事を始め、15年までに同駅南口に新駅ビルを建設、開業する。駅舎部分の改良工事は来年冬に完了し「駅ナカ」の商業施設などがリニューアルオープン。その後、地上10階、地下1階建ての駅ビル建設に着手。地下1階から5階までが商業施設、6階以上はビジネスホテルとする計画という。

…ということらしい。JR船橋駅前もFaceが出来てから少し変わったような気がするけれど、なんかぱっとしない感じは否めなかったから、駅ビルのリニューアルはいい感じじゃないかと。新しい船橋駅のエキナカもできるようなので、商業フロアの面積は今までよりも広くなりそうで、近接の東武や西武との関係も気にならないでもないかも。特に、デパ地下的な観点で見れば、西武が劣勢に立たされている感は否めず、あの状態でエキナカでデパ地下的なものを売り始めたら、どうなるんだろうという気はする。船橋デパート戦争に発展したりするんだろうか。

そういえば、震災の時に船橋駅がやばいってTweetを見かけたような気がするけど、それとは関係ないのかな(汗)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です