船橋駅の駅ビルの建設がイイ感じに進んでいた

船橋駅近くに用事があって、久しぶりにJR船橋駅と京成船橋駅を結ぶペデストリアンデッキをふらふらと歩いていたら、いつの間にか船橋駅の駅ビルの建設がイイ感じに進んでいることに気がついた。駅ビルが徐々に成長していくことによって、JR船橋駅のホームで電車を待ってるときにフェイスビルが見えなくなったなぁと思ったのがしばらく前で、気がついたらこんなに成長していたか…。

JR船橋駅の駅ビル

地上11階、地下1階の駅ビルの高さが44m。隣の西武船橋店が10階建てなので、ほぼ同じくらいの高さになりそう。一方、船橋FACEは14階建てなので、船橋FACEよりはちょっと低い感じだろうか。下半分はショッピングモールになるようで、ビルの上部に「Shapo」と書かれている。JRというと、アトレじゃないのかと思ったけど、総武線沿線はやっぱりシャポーなのか。で、上半分はホテルメッツになるらしい。ホテルメッツといえば、津田沼駅前にもあるホテル。

駅ビルと船橋西武

で、ペデストリアンデッキから駅ビルに入るためのペデストリアンデッキも延伸されていた。まぁ、確かに京成船橋駅側からの人の流れを考えると、ペデストリアンデッキに入り口を作るのが妥当なのかも知れない。

ペデストリアンデッキは延伸中

さてさて、開業が楽しみだ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です