JR西船橋駅前に再オープンした「美酒佳肴 凪」に行ってみた

京成西船駅前にあった、日本酒が美味しい居酒屋の「凪」が京成西船駅の近くの店舗の建て直しに伴い閉店した。再開を待ち続けた結果、JR西船橋駅の近くに移転した。以前は、イタリア料理の大城亭があった店舗。オープンしたてということで、店先にお花が出ていた。

再オープンして間もない「美酒佳肴 凪」

さほど広くない店舗には、座敷スペースに、テーブル席、カウンター席があった。そして、入口には冷蔵庫があって、凪の自慢の日本酒のボトル達が出番を今や遅しと待っていた。

日本酒の入った冷蔵庫

座敷スペースに案内してもらって、くつろぎながら日本酒を楽しむことにした。

落ち着いた感じの店内。

まずは福島の地酒の「楽器正宗」。軽い感じで、飲みやすい日本酒。

楽器正宗。

鶏の白レバーを焼いた、鶏白レバ焼。ねっとりとした食感のレバーは絶妙。楽器正宗が舌に残るレバーの風味をきっちりと切ってくれるのが心地良い気がする。

鶏の白レバ焼き

続いて、秋田の「刈穂」。

刈穂の山廃純米 番外品。

ミスったことに、お願いした肴の写真を撮り忘れてしまった。撮る前に食べちゃったというのが実情ではあるが…。

そして、最後に山形県鶴岡市の「栄光冨士」。ピンクのラベルがかわいい。フルーティな飲み口で、これまたサクサク飲めてしまうお酒だった。

栄光冨士 煌凛

移転しても、凪はいいお店だった。またお邪魔しようと思う。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください